相手に疑いがあるときは専門業者に依頼をして事実を突き止める

虫眼鏡のアップ

正しい対応をする

配偶者の浮気を調べる方法は

配偶者の浮気が疑われる時には、正しい対応で解決することが必要です。対応を間違えると、かえってこじれてしまい、問題が長引く可能性があるので注意が必要です。浮気が疑われる時には、まず、本当に浮気をしているのかどうかを確認することが大切です。 浮気をしているかどうか調べる時に、自分で調べたり、友人などに頼んで尾行してもらうという人もいます。しかし、素人が調べると、調査対象である配偶者などに気づかれてしまう危険性が高く、証拠を隠されてしまう可能性もあります。調査をするには、専門家に依頼する方法が確実です。 浮気調査の依頼を受けている業者としては、探偵社や興信所があります。浮気調査の依頼があると、調査対象を尾行するなどして、調査を行います。専門家ならではの知識や技術によって、尾行で気づかれることはまずないのです。

浮気調査にかかる費用は

一般的に、探偵社や興信所に浮気調査を依頼すると、100万円程度かかります。決して安いとは言えませんが、調査結果は、離婚裁判などになった時には証拠として採用される可能性が高くなります。離婚裁判などで証拠として認められるかの判断基準の一つに、客観的な事実かどうかということがあります。探偵社や興信所が行った調査は、当事者に関係ない第三者が行ったもので、客観的なものなので、証拠として認められることが多いのです。 料金のシステムは最近では多様化しています。クレジットカードで分割払いが可能なケースや、追加料金が一切かからない探偵社や興信所などもあります。また、多くの探偵社や興信所が、浮気調査をして浮気をしていると判明した後、心のケアや法的な手続きの相談を受けるなどしています。